反抗期に入った子供を育てるボケボケママのブログ。


by Allegro-Jun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:音楽( 5 )

演歌・・・・じゃないよ

去年の紅白、ご覧になりましたか?

私は第九のチャンネルにしていたので
(あえて、聴いていたと書かないのは、ソプラノの女の人の胸が凄いね!!という話で
盛り上がったために、五感に訴える曲の聴き方は出来ず、視覚だけに捕らわれた
物になってしまったためです。)

そう、で、第九にしていたために、
あの曲を聞き逃した。
最近話題の
「千の風になって」?

今日もラジオでライブでうたっていた。

いいですね~いい。

子供のころはオペラなんて大嫌いで、
何が楽しいのかなんてわからなかった。
(っていうか、20代でもいいとは思わなかった。)
でも、厄年もとっくに過ぎた今日この頃、
やけにじ~~~~んときたりする。

意味が判らなくても、それなりに音楽として楽しめるようになってきた。

そんな時に、この曲。
曲も綺麗、歌声も綺麗、内容もわかる。

三拍子そろって、もう涙腺を刺激しまくりなのだ。

私のお墓の前で泣かないでください。
千の風になって・・・・・

そうなんだ・・・空から見てるんだね。
うんうん。

歌詞のイメージも、曲のイメージも、とってもいいです。


この話、お風呂の中でkにしました。

「あ、あれ!!?あれ、オペラ歌手っていうの?
日本のオペラって、演歌かと思ってた。」

どうやら、kも今はオペラ関係は苦手らしく、
「演歌も・・・っていうか、同じ物だと思ってた、
アルトだと、、、まあ判るけど、ソプラノだったらほとんど同じジャン。」

うむ・・・・。

むむむむ。

こぶしとビブラートの違いがkにわかる日が来るのか・・・・・。
[PR]
by Allegro-Jun | 2007-01-30 22:40 | 音楽

シュトレーゼマン?

こんな気分の時には、明るい音楽を、、、、

普段は勉強の妨げになると思って何もかけていないのですが
Kもちょっとお疲れのようだし・・・・
のだめ のオープニング曲でもかけようか。

そんな時には、

「パパ、ベトベンの7番だして。」

と頼んでみる。

ビックリしちゃうんだけど、いつも頼むとどこからとなく出てくる。


今回のこの曲は、度重なる引越しにもめげずに
メーターボックスの中から誇りまみれになっているところを発見され
見事に生還を果たした。

あ~よかった~引越しの時にプレーヤー邪魔だな~と思っていたけど、
いや~捨てないで良かった良かった。

Kにレコードプレーヤーの周りで飛び跳ねないように注意してかける。

ふわあああああ

すばらしいいいいいいいいい

心洗われるとはこういうことか~~~

これね~ライブ録音で、最終楽章はノリノリだっていうのだ!!
まだ第一楽章^^だから・・・
最後まで堪能しま~す!!

a0043851_2214258.jpg


ああ、できれば、こういうイメージで迫って欲しかったのよ。
シュトレーゼマン。

あんな脂ぎったのはちょっと嫌。

見た目はあくまでもクール!

いや、、しかし、同伴にいくバーンスタインっていうのも、、、どうか。
[PR]
by Allegro-Jun | 2006-10-31 22:24 | 音楽

http://www.fujitv.co.jp/drama/
↑ここで「のだめ」とキーワード検索!

が~~ん『のだめ』ドラマ化

10月から~

イメージ壊れそうでとってもいや~な感じがしないでもない。
でも、フジテレビのサイトをみたら、
のだめも、千秋君もまあまあいいかも?
ただ、千秋君、黒のイメージで売ってるんだから
髪の毛は黒い方がいい。

で、ミルヒーなんだけど・・・・

このキャスティングは、絶対にいや。

Junはね、スケベでも見た目はダンディーなミルヒーが気に入っているの。
いや。絶対にいや。

この俳優さんは大好きよ。笑いながら怒るっていう秘儀は必見よ。
でも、ミルヒーじゃ無い。

番組概要>
☆タイトル 『のだめカンタービレ』
☆原作 「のだめカンタービレ」
二ノ宮知子 著  講談社
☆放送日時 10月16日(月)より 毎週月曜21時放送
☆キャスト 野田 恵 … 上野樹里
千秋真一 … 玉木 宏

峰 龍太郎 … 瑛太
三木清良 … 水川あさみ
奥山真澄 … 小出恵介 ←ますみちゃんはやっぱりアフロにするのか!!?
多賀谷彩子 … 上原美佐

シュトレーゼマン … 竹中直人 ←やっぱ違うから!!

         
[PR]
by Allegro-Jun | 2006-08-24 00:06 | 音楽

のだめカンタービレ


夕飯が終わったころ、
職場のう~さんからメールが届いた。

「FM東京でのだめやってます。」

へ!?

FM東京で???

何故~
とりあえずつけてみる。

おお、真剣にクラッシック談義
そして、のだめを語る男。
だれだろう。。。
聞いていると、N響の人らしい。
オーボエ主席奏者の茂木さんらしい。

もっと良く聞いていると、
どうもN響の多くの人はのだめを読んでいるらしい。

もっともっと良く聞くと、、、、

どうも、ライジング☆オーケストラをべた褒めである。

え?そんなに?

そこでCDに録音されている曲が流れる。
ブラームスの交響曲第1番第4楽章

絶賛している。
絶賛だ。

そうかな~
好みの問題なのか????
まあ、百歩譲って、確かにカラヤン様のは派手すぎかもね。

今度、のだめに出てくる曲を集めたコンサートが開かれるということ。
詳しくは、N響オーボエ奏者 茂木大輔さんのHPへ行くと解るらしい。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/mogijepage/

↑ココだけど、、、まだアップしてないのかな?
良く解らないや。
[PR]
by Allegro-Jun | 2005-11-10 22:19 | 音楽

カラヤンさま!!


この間、職場の同僚う~さんに
 
「シロウトが聴いても、知ってる曲ばっかり集めたのってないんですか?」

って聴かれて、
そういえば、そんなテープ持っていたな~
と、戸棚の中をゴソゴソ。

『フックトオンクラッシック』

というテープで、
本当に有名な曲のさびの所を繋げた編曲なのだ。
あれ、、、無い、、、。
引越しの時に捨ててしまったか~。
残念

テープを探していたら、、これが出てきた。
高校1年の時に買ったテープ。

a0043851_22212393.jpg


ブラームスの1番だ!!
早速聴いてみよう。
千秋様のオケと比べてみるのだ。
相手はカラヤン様。

どわ!!!!
もう、最初っから迫力が違う!

K「え?同じ曲?全然違うね。」

第2楽章に移り、

K「きれいな曲だね~。」

10歳の子供にもわかるか。
うんうん。
カラヤン様、スバラシイ。
千秋様!がんばれ!
世界の舞台が君を待っている!(と思う。)

20年も前に買ったテープだけれど
またまたタメイキが出てしまう一曲でした。

ブラームス1番の隣にはこれ。

a0043851_22283456.jpg


スメタナ わが祖国 

(K,,,これを わがそぼく と読む。それくらい読めてくれよ、、、。
祖国は素朴なのが一番ですがね、、、。
そういえば、、、高校の友達が音楽のテストの時、
バッハの 音楽の捧物(ささげもの)を、音楽のぼうぶつ と書いてたな~笑)

わが祖国、これも名曲ですな!
モルダウ。
壮大な曲じゃありませんか
またまたウットリ。
[PR]
by Allegro-Jun | 2005-11-06 22:33 | 音楽