反抗期に入った子供を育てるボケボケママのブログ。


by Allegro-Jun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

実家の庭で

アケビがなりました。

こんなに大きな実は初めて。

a0043851_1433638.jpg
a0043851_14346100.jpg

[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-10-01 14:04 | 日記

パコと魔法の絵本

今日は、Kと一緒に 「パコと魔法の絵本」を観にいきました。
文化祭の振り替え休日でいつまでも寝ているKをたたき起こし、
1stショーへ。

それほど期待していなかったのですが、
というか、最近Kと全く好みが合わず、一緒に映画に行けなくなっていました。
パコは、内容がなんだかよくつかめず、今まで私たちが視たジャンルのドコにも属していないようだったので、まあ、観てみようか。皆騒いでるし・・・。くらいののりで。

ところがどっこい。
これが面白かった。
吉本系ののり突っ込み、
心を揺さぶるような感動シーン。
涙が頬を伝って・・・・盛り上がってきたぞおおおおお!!!


と、思ったらボケ。

泣ききれない。

ボケと突っ込みに笑おうか~~~~

と、思ったら号泣!

なんか、良くわからなかったけど、面白かったし感動したし泣けた。

最後がよくわからなかったけど、もう一度観にいってもいいかな。
芸能界が良くわからない私でも面白かったから、
普段良くテレビを見ている人ならもっと面白いに違いない。
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-09-24 23:45 | 休日

9月に入ると、Kの学校の文化祭がある。
保護者が主催している会があり、そこで販売が行われるために
出品を。というお手紙が来た。

実は、、、、Kがこの学校を受けると決めたのが去年の11月も末。
文化祭もとっくに終わっていて、、、、、

どんな物を出品すればいいのか・・・・。

良くわからないから、Kの生活を見ていて使えそうなものをチョロット作ってみた。

また例によってバネ口で、Kには
「また!?他のもの作らないの?」
と言われてしまうのだけれど、何分マイブームなので仕方が無い。

a0043851_0365731.jpg

コンセプトは、制服のポッケに入るお財布。

私「どれがいけてる?」

K「モチロンくまちゃんの。あか頭巾ちゃんも捨てがたい。
 だけど、、、、、そっちのは、、まあ、、、、私だったら使わないっていうか。。。。」


どうやら趣味じゃないらしい。

ポシャだろうか・・・・。

ま、いいや。
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-08-31 00:39 | 学校

できちゃった

旅から帰ってきました。

お片づけをして、早めに取り掛かることにしました。
山でリフレッシュできたのはいいのですが、
出かける前の勢いがちょっと無くなった感じがします。

ここで一つ制作活動と炊事洗濯を同時進行させてリズムを取り返しましょう。

a0043851_23433013.jpg


刺繍、実は苦手だった事を思い出したのは
針を二針くらい刺した後。
結構 きーーーー!!っとなりました。

a0043851_2344273.jpg

a0043851_23445383.jpg
a0043851_2345556.jpg

[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-08-07 23:45

近日中に製作予定

伊勢丹のホびーラホビーレの横を通ったのが運のつき。

セットで買ったことなんて今まで一回も無かったのですが、
値段を見たら、自分で材料をそろえるよりも格安。

ちょっと、、、、やってみようかな

今日はKが寝ちゃったからミシンが出せないからもう無理だ。


最近つくづく思います。

技工士は、やっぱり何か作っているのが幸せなんだなって。

それは、歯科技工をやっているのが一番楽しいですよ。
没頭もしますし、時間もわすれる。

でも、今はそれが許される状態じゃないので、
せめて、何かクリエイティブな事を。

近日中に何が何でも作ります。

刺繍か~

編み物に次いで苦手分野かも。

a0043851_23382359.jpg

[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-07-30 23:38 | 日記

満員電車

Kが中学に入ってから、ほとんど毎日かかさずKを新宿まで送る主人。
(広尾に行く日も休みの日もーー;)
昨日から合宿に行っているので、今日は私がついて行きました。

というのも、、、
31日まで受業がある不思議。
そして、なぜなぜ9時半から始業。
もう、超満員電車です。

普段ならギュウギュウでも頑張って行ってこい
と言うところですが、
今日は私のVnを部活で使うために持って行くというので
ついて行ったのでした。(ま、そのまま荻窪に行くので丁度良いのですがね)

ラッシュの時間、本当に満員でした。
Vnケースが押されてミシミシ言うのです。
つぶれていないか心配です。
周りの方に申し訳ないという思いとともに、
揺れるたびに

ギイイ~~と入れ物の接合部がきしむ音。

それにしても、
池袋と、新宿、
どちらもものすごい人が降りるのだから
出口付近で頑張るのはやめて欲しい。
「出ようよ。」
と、思わず言ってしまいました。

それから、最後に一個残ったつり革の位置にKが立ったときに、

「チッ」

って舌打ちしたおじさん。
「舌打ちは嫌よね~」
と思わず言ってしまってごめんなさい。
おじさんも、毎朝のおつとめご苦労様です。
ずっとKの後ろで殺気立ってましたね。
気がつかないと思ってましたか?
怖かったです。

何にも気がついていないK
あなたも大した人です。

それから、
新宿の駅で
「あ!!今日やる現代国語のプリント忘れた!!」
昨日夜中の12時半まで解説させられた母親に言うせりふとはとうてい思えません。
(しかも、その文章と来たら、卓也くんが弟涼くんとボート遊びをしていて、何らかの事故で弟を死なせてしまった。
そのときの叔父さんが体験した心情、卓也くんの心情、父親の心情を分析するような問題で、
鬱気質の人間がよる読んだら100パーセントやられてしまうような内容。現代国語の先生、生徒の心情に暴力をふるってますよ。
→でも、事細かに解説しないと全く解らないK、
あんた一体、感情というモノを小学校でどれだけもぎ取られたんだい。)

荻窪に着いたけど、両親まだ寝てるし。
ゴミ出しに間に合って良かったよ。
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-07-30 10:07

今日も1日蒸し暑かったですね。

夕方、待ちに待った夕立。

夕立?

にしては、とても激しいスコールでしたね。
北から吹き込む激しい雨風。
ちょっと玄関のとそに出ただけでびしょぬれになりました。

お風呂に入って一息ついて南の空を見上げると、
きれーな虹が出ていました。
久しぶりに見ました。

a0043851_22244510.jpg


このビルは、、、天に昇る入り口かも。
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-07-27 22:25 | 日記

シュレックな旦那様

今日は、旦那様のナイトガードを作ってみました。

え~と、なんか、ずっと前にO-リングをやっていた先生が、ブルーのスプリントが
O-リングが開かない。とか言ってたので、
ブルーで・・・・

と、思ったのですが、一番近い色がグリーンだったので、
シュレック色で作ってみました。

ナイトガードは初めてだったけど、結構上手くできて、
本人も装着感に違和感なし。とこのと。
a0043851_2326320.jpg



バッチグーでした。(シュレックだけど・・・・。)
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-07-16 23:26 | 日記
先日、1日何も、ほんとに何にもしない日を作りました。

なんと、、、、頭が錯綜して、仕事に行く日と実家へ行く日とごちゃ混ぜになってしまったようで、
仕事を危うくスルーするところでした。
病院の院長先生から「どうしたコール」が無かったら、絶対に仕事には行けてませんでした。

やはり、頭の中の整理が大事です。

そのために、ちょっと空白時間を作ってみました。
そして、夜。22時から歩いて5分ほどの所にある映画館でナイターを観ました。

家族では絶対に一緒に見に行ってくれそうも無いラブロマンス映画。

『幸せになるための27のドレス』

もう、結婚して何年も過ぎて子供も大きくなった私が
何もラブロマンスなんて。。。。ですが、
何となくホンワカアッタカな、気分にさせてもらいました。

ストーリーは初めからわかっていて観ているので
どうもこうも無いのですが、
女優さんが素敵でした。

物凄く美人!!という感じではなく、
とっても品があって素敵!という感じ。
親ならば、娘にはこう育って欲しい、とお手本にしたくなるような女性。
そんな雰囲気を全身からにじみ出している女優でした。

あと・・・・・
あの相手役の俳優・・・・・・

ドコだろう。ドコで観たんだろう。
最近見た気がする。う~~~~ん。

と、しばらく考え、思わず噴出しました。
ディズニー映画『魔法にかけられて』の王子役でした。
すぐにみて判らなかったのは、ただ顔音痴なだけです。
というか、判ったのが凄い!!

『魔法にかけられて』

私は文句なしに楽しかったですが、
根っからのラブシーン苦手なKには酷な映画のようでした。
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-07-02 23:46 | 映画

ナルニア国物語

昨日は娘が休みだったので 朝イチで映画を見に行きました。

ナルニア国物語
カスピアン王子の角笛

全巻読んでいるので、内容はわかってるけど、結構良かったです。
やはり、音楽の効果が絶大だったし、なにより 子供達が一作目よりも成長して綺麗になっていた!!
次男エドマンド役の子は、少し前にダーウィンの直系だというので 展示会に合わせてかテレビに出ていた。直系ということは、ウェッジウッドの方もなのかな、、、などと 余計な情報が頭の中を錯綜する。

でも
前回も思ったんだけど、
いくら名誉とか、何とか言っても
やはり あちらは地塗られた歴史の上に立つ物語設定。

ガンガン人が死ぬのね。
(ナルニア人は動物や植物だから、動物も植物も死ぬのね。)
日本だってそうだったとは 思うけど
私のイメージとしたらヨーロッパ中、いつでも戦国時代。

敵方の王の命をとるのに躊躇し、結局殺さないんだけど、
でも・・・・・・・・
周りですんごい沢山の人動物植物が死んでるんだけどね~

やっぱりあれ?
これが階級社会ってもの?
下っ端の命なんて、ないも同じ?
[PR]
# by Allegro-Jun | 2008-06-12 21:09 | 日記